人気ブログランキング |

2019年 07月 16日 ( 1 )

昨日、オトート2号にツキユビってどーしたら治るんだっけ、ときーてみた。痛いってほどでもないのだけどビミョーに痛いし違和感残ってるし、ココロなしか節のとこが曲がってる気がするし。
『突き指? 昔は「引っ張れば」なんてこと言ってたけどねぇ。どーなのかなぁ』
『じゃぁ何?』
『自然治癒…かねぇ?』
『かれこれ1週間以上は経ってるんだけど』
『それは年』。
ト…トシか…年で突き指も治りが遅いの? うう~、もしかしたら何か別モンではないかと思ったのだけど、骨折とかではなさそだし(ちゃんと曲がるし)、となるとやっぱりトシ、てことなのかぁ。やれやれ。

さて豆本。各ページの補整、修正などをしつつ、ずーっとタイトルのことを考えてた。で、決めた。昨日まで第1候補だった「a」はわかりづらいのでやめて、

  angry angel anniversary

にした。直訳すると「怒れる天使の記念日」。まんまだぁね。「の」を入れるには「’s」が必要かな? てゆーか、記念日、とするなら「アニバーサリー」ではなく「メモリアル」っぽいのだけど、タイトルに大事なのは(つか、大事にしたいのは)、

  語呂、語感

なのよ、あたしの場合。このタイトル、実はすーごい昔に思いついたモノで、何と小説を書き散らしてたころにまで遡る。「異質トリプル」で、同じ音から始まる異質なモノを3つ繋げてみたらおもしろいかも、と思って考えたうちの1つ。当時、いくつか考えたはずだけど、すっかり忘れてる…いーんだ、別に。これだけ思い出したのであればそれで解決だから。
この豆本はもともと「絵のない詩本」として2010年に作られた、「退屈な天使が ぼくの隣におりてきて」で始まるもので、タイトルはなかった。"退屈な、なら「angry」ではなく「boring」では?"と思ったあなた、この天使は最後には怒って去ってしまうんだから「angry」でいーんですよーんだ。

ハハと買い物行ったり夕方からシゴト行ったりしてたので完成には至れなかったけど(タイトルはともかく、表紙がいまいち決まらなくて)、まぁ、近いうちに完成させることはできるでしょう。たぶん。

今日は「休診日」でもあるので、掃除はさくさくできて、洗濯ものはごっちゃりあったのだけど、やっぱり普段よりだいぶ早く上がることができた。
帰宅して、夕飯後に再び豆本。表紙の「ちぎり」は決まったものの、背景が決まらない。中のページで使っていない色、と思うとないんだな、これが。季節はカンケイない話だけど、イメージ的には小春日和だから、暖色系かねぇ。







(´ー`)


by yukimaru156 | 2019-07-16 01:18 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156