<   2018年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

センセらがご所望の、これまで買ったことなかったにゃんこ缶を買いに経堂まで行ってきた。「これを嫌いな子はいない」んだそーで、先日見せてもらったらヒトが食べても何の問題もなさそな魚缶だった。おいしそーでさ。ヒトが食べる鯖の水煮缶とかと何が違うの? て感じ。実際、留学生が『知らないで食べてた、美味しかった』とかいう話を聞いたことがあるしね。たぶん食べても何の問題もないだろーね。ヒトが食べてる缶詰と値段も変わらないし。

経堂のその大型店のペットコーナーには、どんだけ種類があるんだと思うくらい、多種多様な缶詰やパウチが並んでいる。わんこにゃんこが「これが美味しい」と言ってくれるわけではないので、これがイイのかなぁ~? てラベルの印象だけで買うことになるんだけどさ。(あとお値段も大事だけど) 
ドライもまた同様にいっぱいあって、どうやらこれがイイらしい、てのを買うのだけど、そもそもこんなに種類ある必要があるのかと思うねぇ。そりゃ「いつもとちょっと違う」のも大事なのかもしれないけど、食べさせる側の自己満足的な部分も否定できないやね。

先日、ペットフード業界が昨今のペットブームが下火になりつつある傾向を危惧してる、という記事を読んだ。危惧されたところでペットフードそのものが減るわけではないのだろうけど、それってつまり動物病院もまた危機に瀕してることになるんじゃないだろか…とね、思ってしまったりもしたのよ。あたしがこのどーぶつ病院に来て5年経ったわけだけど、5年前の方が扱うわんこにゃんこは多かった気がする。数字として実感してるわけではないから、何となくの感じだけど。

なーんてこと考えながらフードを選び、病院へ持参し、帰宅してから最終チェック…で、ミス発見! 何てこと! と自分を罵りつつ、梱包を解いて値札貼り替えたり書き換えたりして、ばたばたしてるうちにシゴトの時間が迫ってきて余計焦った。
いつも出してる「1コイン震災支援くじ」も微妙に数が合わなかったりして、これはもーこれで行こう、と諦める。あとは納品書を書いて(ブログ書き終わったら書く予定)、梱包するだけ。たぶん。

ハハは朝から友人たちと御徒町まで出かけてて、ランチして2時過ぎには帰宅するのかと思いきや、帰宅はあたしが出かけるちょい前。何でも御徒町で水着を見たあと、アキバまで歩いたのだそーだ。何でまた…だけど、行列のできる美味しいどら焼き屋があるとかでそこまで行き、途中あちこち冷やかしつつアキバまで来てしまった、てことだった。『いったい何歩あるいたのかしら?』と帰るなりケイタイを取り出して探り、
『1万4300歩! くたびれるわけだわ!』
とさらにぐったりしてた。そりゃ疲れるよねー。物好きだねぇ、みんな。

今回はプール仲間、30分フィットネス仲間と行ったのだけど、うち1人はお隣さん。で、その息子さんが先日軽トラで引っ越しされてたので転勤かと思いきや、会社の近くへ越したのだという。思わず『え』と問い返してしまったのが、会社へはチャリで行くのが早いが軽トラにチャリまで積めなかったので、後日ご主人が『持ってく』て話。「持って」ではない、「乗って」だ。隣家に車はないから。
『横浜まで?! おじさんが?!』
『だって。元気ねぇ~』
いやそーゆー問題か? ここからチャリで横浜ってどんだけあるんだろう? 以前、調布からウチまで2時間かかって帰宅したことあるけど、ンなもんじゃないよね? 定年退職してもうだいぶ経つから、70は超えてると思うのだけど…うぅ~ん…それはぜひ後日談を聞きたいわ。山歩きがお好きだそーだけど、それで可能なもんかねぇ。「行ける」と判断するのがエライよ。
てゆーかさ、「通勤にはチャリ」なら、まず最初にチャリ積むんじゃない? 何でそれしなかったんだ? 『2年したら戻ってくる』てのもまた妙な感じ。何で2年だろ。

シゴトはちょいハードで(何がハードって「9時には終わらせて」てのがね。結局9時は軽く廻ってしまったけど)、帰宅して夕飯後、アキバのどら焼きを食べてみた。なかなか上品な味の、でもごく至ってフツーのどら焼きであった。値段はフツーだったらしいけど、何でこれに行列するんだろう? 

さて、納品書書くか!









(;´∀`)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-31 00:40 | そんな1日 | Comments(0)
昨日のうちに雑貨市に持ってく、持ってかない、の仕分けを無事に済ませたので、ポストカードを作り始めた。数が半端なので、その数合わせにね。メッセージ入りカードはもういらないかなぁ~、さんざん作ったし売ったし、ここらで終わりにするかなぁ~? と思いつつも、残り3枚だったので追加して10枚にしたり。以前ほど動かなくなったので、ここらで終わりにするかもしれない。わかんないけど。

ポップも書けたし、持参するモノもまとまったので、お次は什器。いつも同じでは面白味に欠ける(気がする)ので、カゴ出してきたり合う小箱を探したり。こういう作業をしてると、空き箱もとっとくもんだな、と思う反面、でもこんなにいらないよなーとも思う。什器にしてもすっぱり「これはもう使わない」と決めてしまうべきなのだよね、ホントは。でもさ、100均で買った什器とか、見かけることがなくなったから処分しづらいんだよねぇ。もう108円では手に入らないと思うとさ。

ハハが2月下旬の箱根バスツアーに行きたい、とパンフを持ってきたのでふむふむと見てみた。明治の文豪たちが泊まった、老舗のホテルだか何だかで、「改装前の最後のツアー」となってた。あたしはあまり興味はなかったのだけど日帰りでこのホテルで昼食も取れるみたいだし、ルネ・ラリック美術館の見学も入ってたのでいっかー、と思って電話してみた。15人程度のツアーだから規模としてはかなり小さいよね。もしかしてもういっぱいだったりして…と思ったら逆で、人数が集まっていないから中止になるかもしれないと言う。日帰り昼食付きで1人1.6万てそんなに高いとも思わないけど高いのか? あるいはツアーそのものに魅力がないのか…平日なので確約できたらお休み願いを出すつもりでいたので、ちょっと肩透かしを喰らった気分。ハハはがっかり。5日までに中止かどうか連絡を入れるということだったけど、あと5日で集まるかなぁ、微妙だなぁ。

カードを完成させ、ちょっと余裕があったので(やることはまだあるんだけど)、念願の和田竜の『村上海賊の娘』を読み始めた。なるほどおもしろい。彼の作品は『のぼうの城』以後、何冊か読んだけど、女性が主役なのは初めてではないかな。しかも「根っからの海賊」で、兄弟ですら手を焼くほど。で、豪胆かつ聡明な父親(これぞ海賊王)に少しは海賊業を控えるように注意してくれ、と進言するとこうのたまうのだ。
『俺は男親だぞ。娘を甘やかす以外に何ができる!』
物語はまだまだ始まったばかり。楽しませてもらえそうだ。

夕方からシゴト。
体重3キロにも満たない、持病持ちのちびわんこを保定してて、センセと飼い主さんとがしゃべってるのを横で聞いてた。持病はあるものの元気で食欲も旺盛、薬もごはんと一緒にがつがつと食べるということで、それは本当に何より、とセンセ。
『お薬を食べてくれるからエライですよ』
『ごはんと一緒ですから』
『それができない子もいっぱいいるんですよ』
『え、ごはんと一緒でも?』
それがあまりにも意外そーだったのでちょっとおかしくてあたしも頷き、『よけて食べる子とか、ごはんも食べないとか、薬だけ吐き出したりとか、結構います』と言うと心底驚いてた。そんな子がいるなんて思ってもみなかったらしい。

で、センセが診察台に「いつもの薬」を出して、増えた薬(これまでも5つくらいあったのにまた増えたのだ)を見せて説明してたら…何とそれ見てたわんこからヨダレが!
『やだっ、何してるの? 薬見ただけでごはんもらえると思ってヨダレなんて!』
には思わず笑ってしまった。恐縮してタオルで診察台を拭く飼い主さんに『いいです、いいです』と断って、『ごはん食べたじゃないの、もう!』と呆れる飼い主さんにセンセと2人して『食欲旺盛、素晴らしいです!』と絶賛。人間だったら、一度にこんな薬の量を飲まないといけないのか、と凹みそうなもんだけど、わんこらにその区別はないからね。以前、癌告知されたわんこの飼い主に『でも人と違って、癌とわかったからと言ってメンタルが弱ることはないですから』みたいな説明をしてたことがあったけど、そういうことなんだろうな。好き嫌いはあっても、薬だからとか病気だからとか、そういうのはないんだ。だから「最期まで快適に過ごせるか」に重点が置かれる。人もそうだといいのにな、とふと思ったりした。

帰り、雨が降っててちょっとびっくりした。予報では木曜がまた雪。降るのかなぁ。雑貨市初日なのに。予報が外れること祈ろう。








(゜-゜)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-30 01:16 | そんな1日 | Comments(0)
目覚ましをかけないで寝ると、きっかり7時間後に目を覚ます。すっげー疲れてたとか、前日が睡眠不足だったりとかでない限りは、大抵そーだ。てことは、12時に寝れば7時には起きれることになるわけだけど、そーはいかないんだよねぇ。ブログ更新が大体1時~2時くらいになって、それからちらちらとネット記事読んだり無料漫画読んだり、もしくは炬燵に入ってアイス片手に録画してあるアニメを観てしまったりもする。それから風呂なので、寝るのは大抵2時3時。で、起きるのは当然のよーに9時10時…昨夜は4時に寝たので起きたら11時だった…たまにやっちゃうんだけどさ、これ。起きたあとのザイアクカンが半端ない。何か「半日も無駄にしてしまった!」みたいな。みたいじゃなくてそのとーりなんだけど。

気を取り直して(?)、午後からはせっせと値札つけ、納品書チェック、ポップ書きその他…なので他に書くことないんだけど…昨日の閲覧数もまたすごかったです。こんなブログで申し訳ない気分。
以前、友人に『どう書いたらイイと思ってもらえるのか』みたいなこと尋ねたことがあるのね。まだ「イイネぼたん」なんてモノがなかったころ。したら『イイと思った人は読むし、そーでない人は読まなくなる、気にすることじゃない』と言われ、そーか、そゆもんか、と思って早10年続いてるわけです。こんな「無駄に長いブログ」が。

値札書いてるとき、何か手がかじかんでうまく書けないなー、と思って温度計見たら4℃だった。我ながらびっくりだ。ホットカーペットの電源は入れてるから(この冬3度目だったりする)、そんな気温とは思わなかった。どーぶつ病院じゃ22℃~24℃だったりするので(だから半袖。シゴトに長袖は邪魔だし)、考えたら結構落差ある環境にいるんだな、あたし。

昨日遅くなったのは、オタトモの友人が『今季一番熱いらしーけど、この斜め上行くギャグは笑えるよーな笑えないよーな、だった』というメールがあった、「ぽぷてぴぴっく」を観たからだ。確かに斜め上行ってた。笑える…ちゃー笑えるし、渋声のおっさんたちがJKの声あててる時点で「よく作ったな」だし、そもそもかあいくないJKたちが何をしてるのか(しよーとしてるのか)よくわからない内容は「ウゴウゴルーガ」のノリに似てる気がしなくもない。って、この「ウゴルー」のタイトルをどーしても思い出せなくて、いま検索かけてた。どう検索すればいいかわからなくて「のんたん」で引いてみた。ネットってすごいわ。

この「ウゴウゴルーガ」(ゴウゴウガールを逆から読んだモノてことらしい)、わかる人どんだけいるかねぇ。午前4時だか5時、深夜なのか早朝なのかという時間に始まり、脈絡のないシュールな短編(?)を矢継ぎ早に連発し、突然「のんたん」みたいなフツーのアニメが入って、これは子供向け番組なのか? この時間に? と混乱させて終わる。そーゆー番組だった。たまに録画して観てたけど、妙な時間帯の割にはみんな知ってたなぁ。ネットのない時代の、ある意味一番深夜番組が元気だったころの話だな。

って、話がそれてしまった。(だからいつも無駄に長い…)
「ぽぷて」は今季一番熱いらしく、あきばではこのキャラの面の無料配布に人が集まりすぎて収拾がつかなくなり中止、なんて記事も載ってた。これが一番熱いのか…よくわからんな。悪くはないと思うけど。あたしの今季一番? 観てるのは4本程度だけど、いまのとこ『刻々』かしらねぇ。次が気になるし。住人の3%が殺し屋(!)という博多が舞台の『博多豚骨ラーメンズ』は、観てるけど気になるほどでもない。『斉木楠生のΨ難』は安定。『銀魂』も同様、かな。いよいよ最終章だわぁ。
 
夕飯、クラムチャウダーの缶詰でスープを作った。(牛乳入れてぐつぐつするだけ) 初めて買ったのでどんな味かわかんなかったのだけど、なかなか美味しかった。で、ベーコンが余ってたなーと思ってパスタを作ろーとしたら、オリーブ油が凍りかけてた…そーだった、この時期はそーなんだ。で、以前ストーブの前に置いて溶かしてたら爆発させてしまったことがあったなぁ、ははは。瓶ではなくプラボトルだったので、弾けて歪んだだけで済んだけど。このときは傾けても流れてこないくらい凍ってたけど、今回は「どろ~り」て感じでまだ凍ってはいなかったので、フライパンで熱くなるのを待った。あのときよりは寒くない、てことかね。








( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-29 01:54 | そんな1日 | Comments(0)
昨日のブログ閲覧数が300を超えててびびったのだけど(普段は30前後)、今日は220だった…過去、何度か3桁いったことはあるのだけど、翌日からまたフツーに戻ったとゆーか、落ち着いたのに、2日連続で、てのは珍しい…つか、何があったんだろう? 誰かが推奨してくれたのかしらん。それでこんなに伸びるモノ? 
うぅ~、深く考えないことことにします。読んで、楽しんでいただけてるなら幸いです。

水曜日が搬入なので、今日は持ってく、持ってかない、の仕分けから。アレもコレもと思うと軽く「手持ち」の限界超えるので、去年9月、2月の雑貨市の売り上げ明細を見ながら決めてったのだけど、これもあんまり参考にはならないんだよねぇ。『あれはないの』と言われるのが一番つらいので(ウチにはある! て場合は特に)、選んでるとやっぱりアイテム数が増える。それでもだいぶ間引いたつもりだけどね。

考えたら去年は各地の「豆本展」によく出展したので、雑貨新作、てのは少ない。リングノートや文庫ノート、カバー、それと「だらけカプセル」くらいか。(これはがちゃぽんのケースの中に「にゃんこだらけ」なら猫グッズ、「さかなだらけ」なら魚グッズばかり入ってる、とゆーもの。三茶で出す予定だったのに中止になったのでまんま残ってるのだ) これは1つ500円なんだけど、すでに「お値打ちモノ」なのでこれより下げるこたーできません。で、1ダースしかないので「早い者勝ち」。欲しいと思ってくれる人がいるといいんだけど。

ある程度決まったところで値札つけと納品書…と思ったけど、スーパーへ買い物出かけたり何だりしてるうちにシゴトの時間となってしまい、あわあわと仕度して出かけた。
夕方ともなるとえらい気温が下がるので日中ほどの混雑はない。なので土曜と言えど今日はラクだな~、と思いながらシゴトしてたら、『(預けてるにゃんこを)これから迎えに行きます』という電話が入った。了承したその10分だか15分後にまた電話。
『先ほど、これから行くとお伝えしたのですが…』
『はい』
『実はいま、水道管が破裂してしまって、修理を頼んだので家を空けられないんです…もう一泊させることはできますか?』
もちろん問題はないのだけど、いちおセンセに伝えて代わってもらった。センセも『えぇ~、破裂~?』と苦笑い。諸事情によって迎えが遅くなるとか(送迎の場合は閉院後でも受け付けてる。人がいる限りは大丈夫、てことになってる)、もう一泊は珍しくない。でも「水道管が破裂して」てのはたぶん初めてだ。

たぶん7時前後の電話だったと思うのだけど、やっぱアレかね、寒さによる凍結が原因なのかな。ここ数日は多いと聞くし。ウチも朝早い時間はベランダの水道が凍結してるのだけど(ハハが花に水をやるために使うのだ)、10時過ぎくらいまで待たないとダメらしい。それで凍結してしまうのは何時くらいなのかなーと思ったけど、7時には、てことなのかなぁ。
凍結防止に「ほんの少々の水を出しっ放しにしておく」とか「タオルを巻いておく」とかいろいろあるけど、凍結したとき「熱湯をかける」はNGだそーですよ。タオルとかを巻いて、ぬるま湯がいいらしい。熱湯の方が早く溶けそうだけどね、温度の落差に水道管がイカレるのだろうね。

昨日今日の2日間、姪の推薦試験だった。ちょっと特殊な専門課なので、初日は実技、2日めは面接。のみ。どーだったのかなぁ。結果(1日)までちょっとドキドキだわね。ちなみに実技、「まるで宗教音楽のような曲」を6回聴かされて、1人1人個室に呼ばれ、自分でタイトルつけて踊る、という試験だったらしい。ひょえぇ。やっぱ日頃から舞台度胸を養ってないとできない技だわね。すごいなぁ。ともかく合格して早くラクになって欲しい。

夕飯後、洗い物してたら手が滑って、お気に入りの飯碗を割ってしまった…キレイに真っ二つ。あぁ~、好きだったのになぁ、これ! かなしー。それより凶事の前兆でないことを祈るばかりだわ。








(T_T)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-28 01:20 | そんな1日 | Comments(0)
本書は芸大文学部の、「本の企画を立てる」という授業から発生した、「現代風にアレンジした日本神話」だ。学生たちの、『アニメやゲームで知られる日本神話も、元を知らない学生は多いのではないか、知りたいと思っても訳書は難しすぎないか』という発案はわかる。あたし自身、「古事記」は途中でザセツしたのでなおさらだ。八岐大蛇にしろ、因幡の白兎にしろ、個々のエピソードは知っていても、それらの「繋がり」についてはよくわからなかったりするしさ。だから本書を手に取ってぱらぱらしたとき、"この発想は評価できるけど、でもどーなのかなぁ~?"と思いつつも買った。なぜなら「誕生日には普段買わない類の本を買う」ことに決めてるからだ。だからその日が誕生日でなかったら、たぶん買うことはなかったと思う。

で、本書。
いやはや…ぶっちゃけ、砕けすぎだ、これ。何かもー「イマドキのワカモノの読みやすさってこれなの?」と突っ込まずにはいられない。つか、ラノベだっても少し真面目に書いてるんではないかと思う。という言い方も語弊があるかな。ううーん、何と書けばいーんだ、これは。真面目不真面目の問題ではなく、つまるところは「書き方」だな。だから読み進めるのがちょっとしんどかった。

まず「作者が突っ込む」時点で違和感を覚え(その作者に対して「しつこいぞ」とか突っ込む神さまたちもどーかと思う)、「具体的にいうとドラゴンのボール的なあれ」とか「プヨプヨみたいな状況」とか、手鏡が神ちゃんねるになってて「嫁が鮫でワロたWWW」とツィートしたりとか、悪ふざけは悪ふざけでいーんだけど、そのノリはちょっとなー、合わないなー、だった。
アマテラスがロリだったり、スサノオが元ヤンキーとか、管理職のオモヒノカネがシスコンとか、因幡の白兎がバニーガールとか、そういうのはいーんだ、別に。神さまのくせに実は…みたいな性格付けって古今東西どこでもあるし、そもそもどこの神話読んでたってツッコミどころはあるし。

総じて「神さま」というのは、やたらと人間臭い。部類の女好きだったり、ニートだったり、寝太郎だったりする。何か「人ではない別の力を持ってる」てだけで、その性質はどうしようもなく人に近い。そしてそれが「おもしろさ」だったりもする。だから「神さまのくせに何てヤツ!」と思っても許せて読めるんだけどねぇ。何だろなー、何がいけないかなー。やっぱ「神さまのことではなく文章が問題」なんだろな。も少し、本来の「古事記」に則ったというか添った内容にしてもらえないと、どこが本筋でどこからが作者の戯れなのかがわからない。

もともとの話がいろいろ中途半端ではあるから(それでどーなったんだ? とか、え、この話はここで終わりなの? 的な)、仕方ない部分もあるとは思うんだけどさ。だったらそれはそれとして、書いてくれた方が良かった気がする。発想はイイだけに、何とも残念な印象の残る本であったな。

シゴトは午前中で終わりで、午後はずっとウチで雑貨市のあれこれをしたりしてたのだけど、午後に眼科行ったハハの薬をもらうために夕方ウチを出た。えーらい寒かった…さすがの大寒波? 天気は悪くないのに風冷たくて顔とか露出してる部分の冷たいことよ。寒い地方はこんなもんじゃないんだよね、きっと。北海道で氷点下38℃とかだもんね。ウチん中にいてもとーししそーだ…。寒いのに悪いわね、と言いつつハハは『薬代の残ったお金でもす買って来てもいいわよ』と言った。あたしゃ別にバーガーを食べたいと言った覚えはないのだが(薬局よりさらにあっちに行かなきゃだし)、ハハがこう言うってことは「私、あそこのバーガーが食べたいわぁ」てことなのだ。だから買ってきたよ、夕飯前だってのにもすばーがー。ハハは嬉しそうに『懐かしい』を連発して食べてた。以前、父と千葉べったくへ行ってたころ、2人でよく入った「思い出の味」なんだよね。食べたい、と言ってたモノを食べさせることができて良かった。

昨日のブログ閲覧数がものすごい数字になってた…ちょっとびびった。ケタ違うんだもん。






(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-27 01:51 | 行った観た読んだ | Comments(0)
シゴトのあと、そのままパン屋へ行った。日当たりのイイとことそーでないとこの落差が激しいねぇ。チャリで行くのも結構よたる。滑って転んだらマジで痛そうなので慎重に行かないとね。
で、そーやって普段よりスピード落としてパン屋へ行く道すがら、ふとこんなフレーズが浮かんだ。

   菓子付き加湿器

それは何だと問うなかれ。菓子の付いた加湿器以外のナニモノでもない。たぶん。何の脈絡もなく、ただこの言葉が降りてきたのだ、すとん、と。人はこれを「天啓」と呼ぶ…のだと思う。「天啓」に意味があるとは限らないっしょ。受け取り方の問題であってさ。
何でこんな単語が落ちてきたかなー、やっぱり何かの啓示かなぁ~、と思いながら買い物して、ギンコに並んで(そーだった、今日は巷は給料日であった…)、帰り道に、そーいや昔、『イミナシテキナシ』という絵本を作ったよな~、と思い出してた。

これは絵本展の展示用であって、販売はしてなかったのだけど、豆本仕様にしてみるのも悪くないかもしれない。タイトルどーり、「意味ない」モノをただ連ねただけの絵本(?)で、内容を思い出そうとするのだけど、全部は無理っぽい。いま思い出せるのは「怒涛の唐辛子」と「バストイレいわくつき」。いや、だから何だと問わんでくれたまえ。意味のないところに面白味があるのよ。たぶん。
d0078532_06381.jpg

帰宅して雑貨市のフリマに出すモノにちゃちゃっと値札つけて、それからカレンダーの裏紙を使ったブックカバー2種(文庫と新書用)を12枚完成させた。(ハハと姪とあたしの分も入れると15枚) 写真、わかるかなぁ~? 中央の絵が100均デコパ紙の、使いづらいなぁ~、とぼやいてたヤツね。ちとリアルすぎる上、柄が大きいのでフレームとかには不向き。(バラバラにしちまう、て手もあるのだけどね) 花柄、スィーツ、そして文具なんかが結構あって、くりくりと並べると悪くない感じに仕上がった。もっと使いづらいのが子猫とかリスとかウサギなんだけど、これはたぶん使わない。(つか、使えない。リアルすぎて)

ハハに見せたら『文庫よりハードカバーの方が素敵ねー』と言われた。需要があることを祈るばかりだわ。
ちなみにムックが持ってるのが自分用。花一輪だけど、このシンブルさがちょうどいい。後ろにもちょろっと貼ってるんだけどね、それは実際に見てくれる方のお楽しみ、てことで。

夕飯はカブのクリームシチュー。ベーコン炒めてたら煙がものすごく立ち上がってわたわたして、また鍋底を焦がしてしまった…あんなに必死こいて磨いたのにまたかよ! とがっくり。玉ねぎもちょっと焦げて、おかげで「ホワイトクリームシチュー」は「ホワイトブラウンクリームシチュー」に。味はよかったんだけど、何かあたしってどーしてこうダメなんだ…と凹んだ。油を控え過ぎ? もっと熱くしないとダメってこと? 一度焦がした鍋は焦げやすくなるというけど、それでなのかなぁ。

にしても寒いね。43年ぶり? の寒波らしいじゃん。あたしの部屋の暖房はホットカーペットだけなので(ストーブなんか入れた日にゃあちこち燃えそうだ)、セーターの上に厚手のカーディガン羽織って、ふかふかの毛布をひざ掛けにして、靴下は2枚履いてちぎってたよ。あとはもー熱い風呂に入ってとっとと寝るだけだわね。







( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-26 00:06 | そんな1日 | Comments(0)
今日は制作はちょっとお休みして、雑貨市に出す素材、フリマ用品の値札つけ…がまだ終わってないんだけど! なーんでかなぁ。アレもコレもと欲かいて、これでは重量オーバーだ! と間引いて、でもこれは…と思うモノまた入れたりもして、部屋はあっちゅー間にとてつもなく散らかり、わたわたしてるうちに午後になって…て感じ。

ハハが午前中に近所の映画館へ行き、終わったら合流してゴハン食べよう、てことになってたので、2時に映画館の前で待ち合わせ。チャリを停めて、さて何食べようか、あそこのイタ飯屋は? と歩いてったら「close」。その近くの店も同様で、食べるところが決して少なくはない商店街のはずなのに、しばらくウロついてしまった。

踏切渡ってあっち側に何かあったっけ、と言いながら電車が通過するのを待ってて、ふと後ろのラーメン屋を振り返り、『ここでもいいよ?』と言うと、『ここでいい、食べてみたいと思ってた』とゆー返事。へへー、意外~。ハハはカウンターのみの店を嫌がるのだけどね。この店、昔からよくいろんな店が入れ替わるのだけど、このラーメン屋は結構続いてる方。てことはそれなりに人が入ってて美味しい、てことではないかなと常々思ってたのだ。でも店が狭い上に、踏み切りの遮断機と店の扉の間が1mもないんだよ。前は焼き鳥屋だったけど、酔って出てきたら危ないんじゃない? てくらい近い。

ま、ともかく店入口の券売機で食券買って入った。客が1人出てくとこで、14、5人分のカウンターに客はあたしたちだけ。若いあんちゃんが1人で切り盛りしてて、ほどなくして「鶏白湯ラーメン」が出てきた。(あたしは「こってり」、ハハは「あっさり」) 見た目は豚骨だけど、これは鶏のモミジ(足の部分)を長時間煮込んで作られたスープで、濃厚なのにくどさ(?)がない。お、美味いな、とするすると食べて即完食。ラーメン屋のスープって、美味しいけどあとでやたら喉が渇く、てのが難点でもあるのだけど、ここはそーでもなかった。(てことは、人によっては淡泊に感じるのかもだけど) 若いあんちゃんの笑顔も良かった。こういうのもポイントになるよなー。ハハも満足気で良かった。『あっちの安いラーメン屋でもいいかなと思ったんだけど、それはちょっと嫌だなとも思ってて…』 なーんだ、それならここで正解だったね。あたしも一度食べてみたいと思ってたとこだったし。

ハハといくつか店を冷やかしたあと(以前、皿だの何だのと持ち込んで査定してもらった買取屋はいつのまにかラーメン屋になってた…ちらりと覗いただけで入るつもりはなかった)、4時前には帰宅したかな。

それからまた整理と値札つけ。毛糸の山を(劣化した袋を入れ替えたりもして)何とか片付け、少々の食器と(ホントはもっと持ち込みたい)、雑貨にも値段をつけ、あとは自分の作品をどれだけ持ってくかで、この量を増やせるかどーかだな、てとこまでたどり着けた。自分の方もね、ノートだ何だで結構な重量になりそなんだよねー。毛糸がかさむので、送るかどーかは検討中。なるなら手持ちで行きたいとこなんだけど。

あすからまたぐぐっと寒くなるんだそーで、てことはまた雪降ったりもするのかな。降るだろうな。昨日今日でだいぶ雪解けしてたけど、日陰の雪は凍ってて危ない。転倒、骨折が一番怖いハハは帰宅するなり『(歩くのに気を遣って)疲れたー』とぼやいてた。いつかすってんころりんされるんじゃないかと思うとあたしも怖いわ。

夕飯は野菜いろいろとスーパーで買った「イカのネギ塩」(ただ焼くだけ)のオイル焼き。これに、自家製ポン酢で作ったドレッシング(ポン酢+醤油+ごま油+オリーブ油+粒マスタード、それに塩少々)をかけて食べた。毎日食事が美味しくて、これだけで恵まれてるなーと思うわぁ。









(≧▽≦)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-25 00:30 | そんな1日 | Comments(0)
朝から雪かきの心配の必要はまるでなかったね。つか、むしろ昨夜必死こいて(てほどでもないか)雪かきする必要あったか? てくらいの晴天。ウチは(いまのところは)やたら日当たりがイイので、庭の樹木の、まるで雪だるまを乗せたみたいに積もった雪を除けてやることもなかった。雪解け水、ハンパないくらいの量だったよ。

当然、ウチの前の通りもキレイなもんで、日陰の雪が残ってる程度。でもさ、これでウチの前に2階建て、3階建ての家が建ったら、庭は全部日陰になって、雪なんか解けなくて、自分たちもくらーい気分になっちまうのかなぁ~、とちょっと切なかった。

昨日作ったハードカバーにデコパ紙をちぎり貼り。このデコパ紙って、繊維に逆らってちぎるのがホントにダメとゆーか、やりづらいことこの上ないんだよねぇ。薄葉紙もだけど、チラシやトレペのように思った通りにはまずちぎれない。そこを強引にちぎるのが「ちぎり屋」なんだけども。(ここんとこはカッターでとか、そゆ発想はないのだ)
苦心しつつも何とかちぎり、その組み合わせに楽しく頭悩ませて、出展分と姪の分と自分の分、そしてハハ用の文庫カバーもついでに作った。こちらはもちろん、好きな絵柄を選ばせて。ハハはむかーしあたしが作ったカバーをまだ愛用してくれてて、これが意外にキレイな状態保ってくれてるのでありがたいのだけど、いい加減飽きないかな、と提案してみたらすんなり乗ってきたのだ。

文庫、新書、合わせて12枚のカバーを出展する予定なのだけど、当初は"こんなの100円でいーやー"と思ってたものの、それはやっぱりちょっと惜しいかな、てのと欲も出てきて、倍値の200円かなー。ホントは300円とか欲しいとこでもあるけどね。カバーってあんま売れないし。これと併せていかが、てことで紐栞とセットにするのもイイかもしれないな。

ひと息ついたところで豪徳寺へ買い物に出かけた。すぐ近所にあった、区内産の八百屋はこっちへ店を出して、たまに覗いて野菜を買ったりもするのだけど、今年は初めて。先月の連休にいっぱい野菜もらったので、スーパーとかで買わなくてもいいくらいに賄えてたんよ。それがだいぶ心もとなくなってきたのでね。
馴染みとなったねーちゃんとおしゃべりを楽しみつつ、アレもコレもとお買い物。いまは野菜高いし、ここだって例外ではないのだけど、ブロッコリが150円とか、蕪が138円とか、安いのもある。昨日の大雪で店を早仕舞いしたので、残った分が安くなってたみたいだ。野菜の高騰はまだしばらく続くだろうし、今日はぴーかんと言ってもいいほどの上天気だけど、明日からまた寒くなるみたいだしね。交通も乱れてるし、今日はなかなかいいタイミングであれこれ買えたのかも。

ちと買い過ぎたかなと思いつつ(1700円分)帰宅してハハに見せたら、『野菜がいっぱいあると幸せな気分になるわねー』とほくほくしてた。うん、確かにそーかも。お肉いっぱいでも、嬉しいけど「幸せな気分」とはちょっと違う気がするし。でも野菜がいっぱいあると、何か安心するんだよね。何だろね。

作業の続きをして、完成までもーちょっと、てところでシゴトの時間。買い物の往復はチャリだったのだけど、だいぶ雪も解けてたので迷わずチャリ。人通りが少ないとことか、思いっきり日陰のとことかは路面が凍り始めてて危なそうだったけどね。今夜もまた寒そうだし、こりゃー凍るだろうなー。
火曜日って、どーゆーわけかインチョのオデカケ日が多くて(夜間救急に行ったり、獣医師会だったり)、そしてどーゆーわけか「閉院間際にちょっと厄介な子」が来ることが多い。レントゲン準備! とか、酸素室用意して! とか。ばたばたしてるうちに10時近くになってしまうのが常。それでも以前のように11時を回ってしまったー、とかは少なくなった気がするな。時給上がっても月収変わんないのもそのせいだと思う。早く上がれるのも善し悪しだよねぇ。制作にひーひーしてるときはめっちやありがたいしさ。

明日はハハが『映画に行くら、昼食は外で食べよう』と言ってきたので、明日の昼は外食。さて、どこで何を食べようかね。








(*´▽`*)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-24 01:50 | そんな1日 | Comments(0)
いやぁ~、降ってるねぇ~。それもどかどかと! 昨日の天気では想像できなかったくらいの降りっぷり。
午後から、て話だったけど、起きたらもうちらほらしてて、それからあっちゅー間に降り積もり始めて、お向かいの工事の人たち(ホントご苦労さまだ)は午前中だけで帰って行ったもんね。とりあえずウチん中でぬくぬく…ではないけど、ウチにいられる、てのはシアワセだとしみじみ思ったよ。今年初の暖房(ホットカーペット)の電源入れたし。

昨日作った文庫カバーを仕上げてしまうつもりしてたのだけど、ふと思ってしまったのだ、ハードカバーのカバー(って書くと妙だわね、新書判ね)も欲しいな、と。とゆーのも、次に読みたいと思ってるのが和田竜の『村上海賊の娘』で、これがハードカバーなんよ。文庫化されて、よっしゃ、新書判が安くなるぜ! と思って買ったものの、なかなかこっちに手が回らなくてさー。他に読むモノがゴマンとある上、持ち運びには不便だから、つい後回しになってしまって。でも次はこれ! と決めてる。

表紙もなかなかイイのだけど、やっぱカバーが欲しくて、寸法測って(比較対象が少ないのでホントにこの寸法でいいのかちと不安なのだけど)、文庫同様、カレンダーの裏紙で作り始めた。作りながら、姪がこの「ハードカバー派」だったことを思い出して、彼女の分もついでに。彼女はこの26日が推薦試験の入試日。10人枠に90人が来るという、結構厳しい難関なんだけど、彼女はやる気満々。ある意味、怖れを知らない感じで素晴らしい。
余談だけど、過日、彼女が近所の神社へ行って絵馬を奉納してきたので、後日ハハと見に行ってみたのね。学問の神様を祀ってるところだから、そりゃーもー受験生が絵馬をわんさかと奉納してるんだけどさ。ハハとちょっとびっくりしたのが、彼女の絵馬だけが「〇〇に合格しますように」ではなく「合格します」、なんだよ。決意表明? つか、ここは最後の「神頼み」の場なんだから、素直に「しますように」でいいんだけどなぁ。これでは「祈願」にならんのではないのかなぁ。

ともあれこのブックカバーが「合格おめでとう」のプレゼントになればいいなぁと思いつつ、彼女の好きな四つ葉のクローバーの絵を入れた。何て安いプレゼントだ! いや、合格の暁にはこれだけでなくちゃんとお祝いするつもりだけどね。

完成前にシゴトの時間となってしまったので、慌てて防寒、防雨装備して、チャリではなく徒歩で向かった。の前にさくっと雪かきしてからね。この時点(5時前)で、すでに20cmは積もってたと思うね。玄関先の小海老草にもすごい雪で、これは払ってあげないと折れてしまいそうなのでこれも。
こんな日は来院も少なかろうと思ったら、こうなることを見越した人たちが午前中に殺到したみたいで、結構大変だったらしい。ま、当然のように午後からは来院もほとんどなく、掃除とかもさくさく終われたのだけど。

9時過ぎの帰宅道は、何つーかもー「雪国を彷徨ってる」感じだった。人いなくて、しんしんと雪降ってて、足元は新雪がほっこり積もってて轍も薄くて。でも雪降ってるときって、意外と寒くはないんだよね。
で、ウチに着いたら、出かけるとき雪かきしたよね? てくらいまた積もってた。ウチは玄関までの階段が4、5段あるのだけど、そこがこんもりしてて、これで明日、ハハが新聞取りに降りたときに転倒されたら大変! と思って、家に入る前にまた雪かき…そして気づいたら父の皮の手袋の先が破れてしまった…あう、何てこったー。防寒着のままでも、手袋は軍手にすればよかった!

向かいのウチは10段近い階段になってるのだけど、あたしが雪かきしてたら10代後半のムスコ君が顔を出してまたすぐ引っ込んでしまった…おいおい、いま雪かきしておかないと明日、その階段はまずいぞ、マジで滑るぞ、と思ったのだけどね。去年越してきたばかりで、勝手がわからないのかな。ハハいわく『ウチみたいに雪かき用のスコップとかないんでしょう』。ご近所でも雪かきしてる人はいなかったから、そういうことなんだろうな。
ウチの前だけやってきたけど、明日また積もってるかな~。いまちょっとやんでるようだけど。
明日も遅番で良かったー。でも朝からまた雪かきかなぁ。








(;´∀`)

[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-23 01:19 | そんな1日 | Comments(0)
  2月1日(木)~5日(月) 11時~18時(最終日16時まで)
    3(土)4(日)10時~15時までフリーマーケットも開催
  ギャラリースペースコウ 042-468-8558
  西武柳沢駅南口より徒歩2分

毎度お馴染みとなりました、スペースコウさんでの雑貨市です。昨年秋の三茶が台風で流れてしまって以降、出展はなかったので、さゆきとしてはホントにひさしぶり。新旧織り交ぜていろいろ出品したいと思います。

さゆき以にも布小物からアクセ、ガラス、帽子などに加え、各種素材も販売されます。そして2/1、2日にはベルズさんのシフォンケーキ、あこ酵母のパン、3、4日にはベーグルの販売もあります。こちらも毎回楽しみにしてる方がいるほど好評なのですよー。
お時間ある方、お近くの方、ぜひ覗いていろいろ楽しんでくださいね。

さゆきの在廊は未定ですが、最終日は午後から在廊しています。






( `ー´)ノ



[PR]
by yukimaru156 | 2018-01-23 00:41 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156